読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロー!コジブロ

お手柔らかに宜しく!

氷室京介 LAST GIGS@東京ドーム

PRIVATE

こんにちわ!

少し時間が経過しましたが今日はタイトルの通り、KYOSUKE HIMUROについて。

 

時は、少しさかのぼります、2年前の2014年7月です。

彼は耳の不調で2年前、突然の活動休止宣言をしました。

自分はやっと彼のチケットをゲットできウカれてました。

で、さあ間も無くコンサートの日だ、と思っていた矢先のニュース。

当時のツアーの最後が横浜スタジアムで、この会場が事実上、最後の舞台に。

自分も取れたチケットがハマスタでして、最初で最後の勇姿を見て、お見送りとは。

ただ、ファンのもっと現役で見たい、という気持ちでしょうか、悪くないトラブルが。

それは、凄い大雨と雷で会場が30分、いや1時間も野球並みに中断する、自然の演出。

カッパ着て拳を上げたのは初めてで、真夏だし臭くなるほど汗もかきました。

当の本人は、どうやらリハーサルでコケてアバラ骨?ろっ骨?を折ってハンデを背負ってのライブ…実際に顔を歪めるシーンもあり、一時中断後に再開はしましたが、命がけのAngel一曲だけを力唱、このリベンジを必ず行う事を宣言して、背を後にしました。

 

時は経ち、2年後の今年2016年4月そして5月。

ついに彼は、約束通りステージへリベンジしに参りました。

大阪、名古屋、福岡、東京の4会場、全7公演で、彼は熱唱し、ステージを降りました。

私も、幸運にも3日連続で開催する東京会場の初日チケットが取れて参戦できました。

私は、2年前、最初で最後のヒムロックだと覚悟して参戦したので、実は今回のツアーは、彼の晴れ舞台をお見送りする意識が強かったです。

スケートでメダル取って、アイスショーで晴れ姿を演じてくれるかのように、Boowy時代もソロ時代も全て含めて、彼の歌手アルバムを作り上げるような気持ちでした。

ところが、ネット時代。あの彼も人ですから、流石に反響に動揺したのでしょうね。

みなさん、氷室京介が好き、氷室京介ソロの楽曲が好き、Boowyの楽曲が好き…噂に聞いているのでどんな感じか見たい、何万人も集まれば何万人分の見に来た理由が色々あると思います。

それを、Boowy曲が多かったとか、最近知ったばかりで浅いとか、彼を気になって見に来た好きになって見に来た、だけで彼にエールや見つめてる同士とは思えないんですかね、SNSや前後左右から聞こえる会話が稀にウザイ時がありました。

当の彼も、「Boowyの曲が多いとか…」と話し出すも何をまとめて良いかとっちらかったようで、「俺は歌い手なので」と振り切りましたが、彼としてはBoowyや昔の曲も聞いてみたいというファンも多いのだろうと、せっかく作ったセットリストも複雑な心境であったと、私には伝わりました。

布袋寅泰らをステージにあげなかった、でも俺一人で歌いきれるものは歌って聞かせてやる、過去の噂されるわだかまりを抑えて、そんな思いやりというか彼に気を使わせているにも関わらず…。

 

さて、皆さん色んな所で発しているので、細かくは書きませんが、私が目に焼き付けたセットリストはこちらです。Boowy多めで、感無量、感激の1日でした♪

 

DREAMIN'
RUNAWAY TRAIN
WARRIORS
PARACHUTE
Marionette
NATIVE STRANGER
RENDEZ-VOUS
ONLY YOU
PLASTIC BOMB
BEAT SWEET
WILD ROMANCE
WILD AT NIGHT
CLOUDY HEART
TO THE HIGHWAY
BLUE VACATION
ROUGE OF GRAY
Baby Action
ミス・ミステリー・レディ (VISUAL VISION)
WELCOME TO THE TWILIGHT
LOVE & GAME (Re-mix)
"16"
LOVER'S DAY
IF YOU WANT
ANGEL 2003
--------------------------------アンコール--------------------------------

何となくAngelで一区切りだと感じたけど、少しわかりづら書く経ち続けました(笑)

水分補給もバッチリで次へ!
--------------------------------アンコール--------------------------------
The Sun Also Rises
魂を抱いてくれ
B・BLUE
BANG THE BEAT
NO. NEW YORK
--------------------------------ダブルアンコール--------------------------------

信じてました。

アンコールもう一丁、あると期待いやあると思ってました!
--------------------------------ダブルアンコール--------------------------------
VIRGIN BEAT
ROXY
SUMMER GAME

 

この後、東京会場2日目、最終日3日目で塗り替えられますが、この時点では過去最高の曲数でした♪

 

あ、こんだけ祭り上げておいて、実はドリーミン!が聞けたないのです。。。

実は、昼から急用があり、会場には遅刻しました、そのためどんな登場の仕方だったのか、私は知りません。

また、少し前に参加した高橋みなみ卒業コンサート、あれも本イベントが翌日にあるので、本イベントの前日に行った自分が感動し涙するとは思わなかったけど、この日もどの予定で油断していたら、彼がSUMMER GAMEで感極まって歌えなくなったのです。。。

また、マイクを強く握り歩を前に出すも、ヤバかったのでしょうね、また一旦背中を向けるなど、彼の感情が伝わった時に、こちらもウルッときましたね、流石に。

そもそも、彼はとても楽しそうに、思いのままに、360度からぶつかってくる声援と歌唱に対して、強く歌っていたと思います。

それは、まるで、周囲の雑音が、この東京会場では全て吹っ切れたかのように、嬉しさに変わり、感動したからこその感極まり、だったのでしょうね。

 

いやいや、本当に最後だとは思っていたなかったので、後日残したメッセージ「還暦にでもアルバムを」が、とてもホッとしています。

病気で亡くなるのではなく存在している、だからいつか歌う時もあるのでは、そんな可能性を余韻に乗せて、今の自分にあります。

時間のかかる航海だけど、お見送り出来て良かったな〜と、そしていつかまたあのボーカルを聴ければと思います。

 

ところで、これで本当に最後ですが、皆が気にしてた…仲間の登場は。

後日知りましたが、布袋寅泰さん、会場に来てたんですね。

もちろん、Boowyメンバーの高橋まこと松井常松も。

そして、交流あるらしい、YoshikiHydeGacktも。

もちろん、弟分のGLAYも。

彼を慕ってる、Daigoも。

他、綾小路翔、JOYも。

宇徳敬子など、来場有無は置いといてリスペクト発言もあったようで。

まさかの小室哲哉安室奈美恵の噂もあります。

ありえないメンツですよね、これらが参加するフェスなんてあったら失神気絶ですよね*\(^o^)/*

 

それでは、また逢いましょう。